ロードサイド店舗による土地活用にチャレンジするなら商圏データのリサーチや企業とのネットワークが欠かせません。

あわせて事業計画も提案してくれる不動産会社を探しましょう。

土地活用法の魅力!ロードサイド店舗

大通りや幹線道路に面した土地の場合は、ロードサイド店舗の誘致による土地活用法が考えられます。その立地を活かして、近隣に住む地域住民にも喜ばれる土地活用法を考えます。ロードサイドですから、近隣といっても、自動車でアクセスしやすい距離とマーケティングの範囲は広めになります。また、多少距離が遠くても、周辺にファミリーレストランがないとか、人気のアパレルショップがないといった場合は、それを誘致することで、市や県を超えて自動車でカップルや家族連れが訪れることも考えられます。そのため、十分なリサーチ力と事業計画力、そして、全国的なネットワークや情報収集力のある不動産会社に依頼することがポイントとなるでしょう。

収益が安定し、そのテナントにとっても安定した売り上げが望める土地活用法を考えるには、その土地、そのエリアに最適なテナントを探し、誘致できる力のある不動産会社に任せることが重要なのです。ロードサイド店舗のテナント選定にあたっては、周辺都市の人口や立地特性、顧客のニーズ、そして周辺に既にある商業施設や出店が予定されている店舗の動向など、幅広い情報から地域の需要をトータルに検討する必要があります。人口分布データや、周辺の大型店出店MAP、距離や運転時間に伴う商圏データ、周辺都市との比較などをしながらリサーチしていきます。また、テナントとして出店する企業やチェーン展開をしている企業とのネットワークも重要です。

全国規模でのテナント誘致実績や事業の成功実績が多い不動産会社の場合、出店する企業側からの信頼が厚いので、全国的にも知名度の高い企業や店舗がテナントとして入ってくれる可能性も高くなります。有名なアパレルショップ、コンビニ、ファミリーレストラン、100円ショップ、ディスカウントストアなど、近くになければ、住民や自治体からの歓迎ムードも高く、人気のロードサイド店となる期待が高まります。企業や店舗とのネットワークが堅いと、その周辺にちょうど物件を探していたという店舗を、タイミングよく誘致することも可能になり、近隣の同じような土地に先んじて優良テナントを確保できます。

また、ロードサイド店舗を利用した土地活用法では、テナントとの契約条件や契約内容、建てた建物のメンテナンスなどのアフターフォローも重要となります。
そうした契約面やテナント賃貸中のフォロー、テナントが退去する際に直ぐに入れ替わりのテナントを紹介できる力があるかなども含めて、事業計画と土地活用法を提案してくれる不動産会社を探しましょう。